高卒・既卒 20代の就職・転職サイト
高卒・既卒 20代の就職・転職サイト > 高卒 就職ポイント > 高卒の就職成功ポイントは自分に合った仕事を見つけること!

高卒の就職成功ポイントは自分に合った仕事を見つけること!


高卒が就職を成功させるには本当に自分に合った仕事を見つけることが重要。採用をもらえればいい、働ければなんでもいい、というような安易な考えで就活をしてしまうといつまでも就職を決める事ができませんのでまずは自分に合った仕事を見つけてからお仕事探しをスタートしてほしいと思います。

自分に合った仕事を見つける事はとても重要!

自分に合った仕事を見つけなくてはいけない理由

現在、高卒から就職を目指している方は「自分に合った仕事とはなんだろう?」と考えながらお仕事探しを行なっていますか?

ただ働ければいい、採用をもらえればどんな仕事でもいい、という考えで仕事探しをしていませんか。このような考えで就職先を探していると後になって必ず後悔する事になるので注意しましょう。

高卒からの就職。10代や20代前半だと将来の自分の姿を想像する事はなかなかできないかもしれませんが、5年後、10年後の事を想像しながら就職先を見つけることはとても大事です。

5年後、10年後も同じ仕事に就いているには自分に合った仕事を見つける事がまずは必須になります。

自己分析を行い、どのようなものに興味があるのか、どんな事にやりがいを感じる事ができるのか、どんな事なら率先して取り組む事ができるのかなどの、様々な視点から自分を分析して自分に合ったお仕事を見つけてほしいと思います。

また、自分に合った仕事を見つける事で志望動機や自己PRにも違いが出てきます。

ただ働ければいい、採用をもらえればどんな仕事でもいい、という考えで就活をしている人は志望動機や自己PRもなあなあなになってしまいます。

なぜその仕事をしたいのか、その企業でどう活躍するのか、将来的にはどういう人間になりたいのかなどの事を明確にすることができず、説得力のない志望動機、自己PRしか作成する事ができなくなってしまいます。

これでは企業の採用担当者の心に響かず、「他の企業でもいいのでは?」「本当にこの仕事がしたいのか?」「働く意欲が感じられない」というような疑問を抱えられてしまいます。

これでは採用をもらう事はできないので、本当に自分に合った仕事を見つけ、なぜその仕事をしたいのか、なぜその企業に就職したいのか、その仕事でどんなスキルを身に付けたいのかを明確にしましょう。

そうすることで志望動機や自己PRにも厚みが出て、説得力のある志望動機を作成する事ができます。

自分に合った仕事を見つけるにはどうすればいい!?

仕事には向き・不向きがある!

仕事によって仕事内容は異なってきます。お客様を相手にする仕事もあれば、工場などで黙々と作業する仕事、1日中パソコンを使う仕事など。仕事には様々な職種があり、その仕事によって仕事内容も違いますし、必要になるスキルも違います。

人間にも人それぞれ性格があり、その仕事に対しての向き・不向きが出てきます。

上記でも言いましたが、長期に渡って仕事を続けるには自分に合った仕事を見つけなければなりません。自分に向いている仕事を見つける事で長期に渡って働き続ける事ができ、キャリアをしっかり積んでいく事ができます。

そして、自分に合った仕事だと採用をもらいやすいです。

企業の採用担当者は人選のプロです。これまでの経歴や志望動機、自己PRを見て、仕事に向いている人材なのか、向いていない人材なのかを見極めます。

企業の採用担当者が仕事に向いている人材だと判断すれば採用をもらえる可能性は高くなり、就職の成功率は高まります。

ですので、自分に合った仕事を見つけるという事は就職成功の大きなポイントになります。

自己分析をして自分の人間性を把握する!

では自分に合った仕事を見つけるにはどうすればいいのでしょうか。

はじめから、この仕事がしたい、この仕事に興味がある、という場合ですと仕事探しはスムーズに行う事ができますが、そうではない場合はどう自分に合った仕事をみつければいいのでしょうか。

自分に合った仕事を見つけるためには、まず自分析を行って自分の人間性や性格、長所や短所を把握しましょう。他にもこれまでの学生生活を思い返し、どんな事に力を入れてきたのか、どんな事なら率先してできるのか、なにをしている時が楽しいのか、という事もピックアップしていきましょう。

自己分析を行なって自分がどんな人間なのかを把握する事ができればおのずと自分に合った仕事を見つける事ができます。

例えば、人と話すのが得意、人と接している時が楽しい、という場合はお客様相手の仕事が向いていると言えますし、1人で黙々と作業するのが好き、あまりコミュニケーションを取るのが得意ではない場合は、製造業などが向いていると言えるでしょう。

実際に働き始めてみないとわからない事も多くありますが、事前に自分に向いている仕事を把握して求人にエントリーすれば有利に就職を決める事ができる可能性があります。

企業の採用担当者も履歴書や面接を通してあなたの人間性や長所、短所を見極めます。採用担当者が企業が求めている人材と判断すれば採用に大きく近づく事ができるので就職成功の確率もアップさせる事ができます。

就職サイトにキャリアプランを提案してもらう!

自己分析をして自分に合った仕事を探す以外にも今では就職サイトにキャリアプランを提案してもらって自分に合った仕事を見つけるという方法もあります。

就職サイトには就職をサポートしてくれる就職アドバイザーがいます。

これまでに何人もの人を就職成功に導いてきた実績がある就職アドバイザーが様々な視点からあなたのキャリアプランを提案してくれるので自分に合った仕事をすぐに見つける事ができるでしょう。

もし自分一人で仕事探しを行なう事ができない、自己分析をしたけど自分に合った仕事がわからない、という方には就職サイトを利用してキャリアプランを提案してもらうという方法を選択して自分に合った仕事を見つけてほしいと思います。