高卒・既卒 20代の就職・転職サイト

高卒・既卒の転職事情


高卒の方の転職事情を見てみると転職をしてキャリアアップを図っている方が多く、高卒から就職して3~4年で次のステップに進むという人が多いですねそして、20代後半や30代目前で自分に合った仕事を見つけて30代以降はその企業に落ち着くという傾向にあり、キャリアップのため、自分に合った仕事を見つけるため、という将来を見据えた転職を行う方が多いです。

高卒・既卒の転職事情って?

キャリアアップが目的の転職をする人が多い

学歴社会と言われている現在の日本。大学や専門学校まで進学をして就職してる方が多いですが、高卒から就職をするという方も少なくはありません。

早く働いて稼ぎたい、大学や専門学校に進学するお金がない、という理由で高卒から就職をするという方もいるんですね。

高卒からでもキャリアをしっかり積んでいけば学歴のハンデを覆す事ができ、30代以降、大卒や専門卒の方と同じ土俵で仕事を行なっていく事は十分可能です。

実際に高卒の方の転職事情を見ても、転職をしてキャリアアップを図っている方が多く、高卒から就職して3~4年で次のステップに進むという人が多いですね。

そして、20代後半や30代目前で自分に合った仕事を見つけて30代以降はその企業に落ち着くという傾向にあり、キャリアップのため、自分に合った仕事を見つけるため、という将来を見据えた転職を行う方が多いです。

先ほども述べましたが、高卒からでもキャリアをしっかり築いていけば将来的に大卒や専門卒の方と同じ土俵で仕事をしてくことができます。

転職回数が多いと企業に悪い印象を与えてしまわない?

ただ、転職回数が多いと転職は不利になるんじゃないの?企業に与える印象も悪くなるんじゃないの?と疑問に思う方もいるかもしれません。

1~2年で転職を繰り返していると悪い印象を与えてしまいますが、同じ企業、同じ業界で3~4年働けばそれなりのスキルやキャリアを身に付ける事ができます。

本人の努力次第ではしっかり実績を作る事もできるのでキャリアアップのための転職など意味のある転職だという事をしっかり企業側に説明する事ができれば悪い印象を持たれないでしょう。

現在、高卒からの就職をお考えの方は就職後、ただ漠然として社会人生活を過すのではなく、30代や40代になった時に業界や企業の第一線で活躍できるように将来的な事を考えながら社会人生活を送っていくようにしましょう。

就職してもすぐにフリーターになってしまう方も・・・

上記でご紹介したようにキャリアを築いていくために転職を数回行う高卒・既卒の方もいますが、その逆で就職してすぐにフリーターになってしまうという高卒・既卒の方も少なくはありません。

実は高卒から就職した方の約半数が入社して3年以内に退職してフリーターになってしまっているんですね。

社会人としての自覚がない、企業にうまく馴染めない、仕事についていけない、友達が学生ライフを満喫しているから自分も遊びたいなど、様々な理由が高卒・既卒の退職理由になっています。

他にも今までの学生気分が抜けずに、社会の厳しさを痛感して入社早々に退職してしまうという方もいます。

しかし、高卒が入社3年以内に会社を辞めてしまうと将来的には不安しか残りません。

学歴もない、職歴もない、という事で転職はますます不利になります。なかなか就職を決める事ができないという事でフリーターでいる時間は長くなり、フリーター歴が長いと就職はさらに不利になります。

その上、面接時には入社3年以内でなぜ退職をしたのかという事、フリーター期間はなにをやっていたのか、という事を必ず突っ込まれます。

この時、企業側が納得をしてくれる回答を用意していないと企業には「またすぐに仕事を辞めてしまうのではないか」という印象を与えてしまいます。

このように高卒が入社3年以内に退職してしまう事はデメリットが多くあります。学歴がないという事を補っていくにはキャリアを築いていく、スキルを身に付けていく、という方法しかありません。

30代、40代になった時に苦労しないためにも20代のうちからしっかりキャリアを築いていく事は大事なんですね。仕事が嫌だからといってすぐに会社を辞めないで、まずは3~4年間は同じ企業で働き、スキルとキャリアを身に付けてから転職を考えるようにしましょう。