高卒・既卒 20代の就職・転職サイト
高卒・既卒 20代の就職・転職サイト > 高卒フリーター就職 > 高卒フリーターにおすすめの就職サイト

高卒フリーターにおすすめの就職サイト


高卒フリーターからの就職。最終学歴が高卒、そして、フリーターということで就職はどうしても不利になってしまいます。自分が思うように就職を決められないという方は多いと思います。そんな高卒フリーターの心強い味方になってくれる就職サイトをご紹介したいと思います。

高卒フリーターでも就職を有利に行えるおすすめの就職サイト

不利な状況をカバーするためにも就職サイトを利用する

学歴でどうしても就職が不利になってしまう高卒フリーター。フリーターの期間が長ければ長いほど、ますます就職は不利になってしまいます。

また、、高卒フリーターは年齢によっても就職が不利になる事も。

10代や20代前半だとまだ働き口は多くありますが、20代後半、30代になってしまうと採用の壁はいっきに高くなるのでできるだけ早いうちに就職を決め、キャリアを築いていきましょう。

たとえ、高卒フリーターでも10代、20代前半からキャリアを築いていけば後に大卒や専門卒の人たちと同じステージで働く事も可能ですのでしっかりと将来の事を考えながら就職を決めてほしいと思います。

現在、就職を目指している高卒フリーターの心強い味方になってくれる就職サイトが多く誕生しています。

サポート体制が万全な就職サイトですと、就活をバックアップしてくれる就職アドバイザーがいて、アドバイスや提案、指摘をもらいながら就活を進めていく事ができるので高卒フリーターからの就職でも有利に就活を行なっていく事ができます。

このように就職サイトを味方に付ける事で不利な状況をカバーする事ができるんですね。就職サイトの利用はすべて無料ですので利用して損をする事はなにもありません。

むしろ、利用するメリットは十分にあるので現在、高卒フリーターから就職を目指している方には是非、就職サイトを利用して有利に就活を行なっていく事をおすすめします。

就活を有利に行う事ができる就職サイトのサポート内容

高卒フリーターの就職の心強い味方になってくれる就職サイト。

サポート体制が万全な就職サイトを利用すれば就職に役立つ様々なサポートを受けながら就活を進めていく事ができます。

就職サイトで受けられる主な就職サポートは、

  • 求人の紹介
  • 応募書類(履歴書、志望動機など)の添削
  • 面接対策
  • 就業後のアフターフォロー

この4つのサポートが主なサポート内容になります。

いずれも専任の就職アドバイザーがサポートしてくれるので安心して就活を行なっていく事ができるでしょう。

また、就職アドバイザーはキャリアカウンセリングを通して、キャリアプランの提案をしてくれますし、就職に関する悩み事にも親身なって相談に乗ってくれるので自分一人で就活をする自信がない方や就職に多くの悩みや不安を抱えている方にとって就職サイトの就職アドバイザーは頼もしい味方になってくれます。

最近では就職ノウハウや社会人に必要なスキルやマナーを身に付けることができる就職セミナーを開催している就職サイトも増えており、手厚いサポートを受けられる就職サイトを選択すればより有利に就職を決める事ができるでしょう。

高卒フリーターにおすすめの就職サイトはこちら!

上記のページでは高卒フリーターにおすすめできる就職サイトをご紹介しているので一度、目を通し、魅力的なサポートがある場合は是非、登録して就活を行なってほしいと思います。

先ほども述べましたが、就職サイトの利用はすべて無料です。登録も無料ですし、就職アドバイザーから受けられるサポートも無料です。

フリーターの方でも気兼ねなく利用する事ができるので是非、就職サイトの就職アドバイザーを味方に付けて、様々なサポートを受けながら就活を進めてもらいたいと思います。

就職サイトで見ることができる求人は高卒フリーター向けの正社員求人が中心!

上記でご紹介してきたように就職サイトでは様々な就職サポートを受ける事ができ、高卒フリーターの就職の心強い味方になってくれることは間違いありません。

それに加え、就職サイトで見る事ができる求人は高卒フリーター向けの正社員求人が中心。未経験者を歓迎している求人や学歴・経歴不問の求人が中心になるので高卒フリーターという状況でもスムーズに求人探しを行なう事が可能です。

就職サイトでは非公開求人(他の就職サイトでは公開されていない求人)も扱っているので豊富な正社員求人を見つける事ができ、様々な選択肢から自分に合った求人を見つける事ができます。

就職アドバイザーもキャリアプランの提案、求人探しのサポート、求人の紹介をしてくれるので自分一人で求人探しを行なうよりも断然、有利に求人探しを行なっていく事ができるでしょう。

ポテンシャル採用を行なっている企業も増えている!

また、就職サイトを通して人材募集をしている企業はキャリア採用ではなく、ポテンシャル採用を行なっている企業が多いです。

ポテンシャル採用とは『学歴や経歴ではなく、人柄・可能性・将来性・適正などポテンシャルが重視される採用方法』です。

高卒フリーターという状況でも企業が求める人物像とマッチングしていれば採用をもらえる可能性は十分に高いです。

このポテンシャル採用を行なっている企業の求人は今では増加傾向にあり、就職サイトでも多く見つける事ができます。

この4つの就職サイトではポテンシャル採用の求人を多く見つける事ができるので高卒から就職を目指しているフリーターさんにはおすすめできる就職サイトになります。

特にDYM就職、就職Shop、ジェイック、この3つの就職サイトは書類選考なしで面接を受ける事ができるのでそれだけポテンシャルを重視して人選を行なっている企業が多いということ。

高卒フリーター。就職ではどうしても不利になってしまう状況でもこうしたポテンシャル採用を行なっている求人を見つける事ができれば就職成功の確率は大幅にアップしますよ。

人手不足の職種、成長中のベンチャー企業の求人も狙い目!

高卒フリーターにおすすめできる求人は上記でご紹介したポテンシャル採用の求人以外にも人手不足の職種の求人、成長中のベンチャー企業の求人も狙い目です。

例えば、人手不足が続いている職種でいうと介護職や土木・建設関係、エンジニアなどの職種は慢性的な人手不足に陥っており、積極的に未経験者でも募集・採用している傾向があります。

介護職、土木・建設関係、エンジニア、いずれも現在の社会や生活には必要不可欠なものになり、仕事自体の需要も高いです。将来性もあるお仕事になるのでこうしたお仕事に就職するということも選択肢に入れながらお仕事探しを行なってほしいと思います。

そして、成長中のベンチャー企業も未経験者を歓迎している求人が多いです。

ベンチャー企業はこれから新しい事にチャレンジして自ら道を切り開いていく、新しいことを始める、という企業が多く、ベンチャー企業のすべてではありませんが経験はそこまで重視されない傾向があります。

積極的に仕事に取り組む姿勢、やる気、根気があれば採用をもらえる可能性は十分にあります。

志望動機や自己PRで企業と一緒に自分自身も成長してきたいということをしっかり伝える事ができれば企業には好印象を与える事ができるでしょう。

現在、高卒から就職を目指しているフリーターさんには人手不足の職種、成長中のベンチャー企業の求人にも目を通してほしいと思います。

そして、興味のあるお仕事を見つけた時は求人にエントリーをして採用を勝ち取ってほしいと思います。

高卒フリーターの就職ポイント

現在、就職を目指している高卒フリーターさんにはただ就活を行うのではなく、就職のポイントをしっかり押さえてから就活をスタートしてほしいと思います。

ただ単に就活を進めていくよりもポイントになる事がしっかり頭に入っていた方が有利に就活を進めていくことができます。

高卒の就職ポイント

上記のページでも就職のポイントをご紹介していますが、ここでもいくつかご紹介したい就職ポイントがあるので目を通して、自分の就活に活かしてほしいと思います。

フリーターの就職は早ければ早いほど就職成功率アップ!

フリーターの就職は早ければ早いほど就職成功率はアップします。

厚生労働省が調べたデータによると、フリーター歴が短い人ほどすぐに就職を決める事ができていて、就職率が高くなっています。

【フリーター歴別の就職率】
半年以内:72.5%
2~3年:67.1%
3年以上:57.0%

このようなデータはあるんですね。

フリーター歴が短い人の方が就職率が高い数字になっているので早ければ早いほど就職の成功率がアップするという事。

実際に企業の採用担当者はフリーター歴が長い人にはネガティブな印象を持ってしまいます。ネガティブな印象は選考に大きく響いてしまう可能性もあり、就職の成功率は下がってしまいます。

ですので、就職を目指している高卒フリーターは1日でも早く就活をスタートして就職を決める事がポイントになってきます。

フリーター生活をダラダラ続けていると就職はどんどん不利になってしまうので1日でも早く行動に移して就職を決めてもらいたいと思います。

後悔のしない就職をするためにも企業研究は入念に!

就職をしてから「この企業に入社して失敗だった。。。」という話はよく聞きます。

入社後にこのような後悔している人の特徴をみていると、企業研究を怠っている傾向があり、企業の情報をろくに収集しないまま入社してしまうという人なんですね。

企業研究をなぜ行うのか?それは入社後のミスマッチを防ぐためでもあるんです。

求人に記載されている情報以外にも企業の詳しい情報を収集することでどのような企業なのかという事がある程度、見えてきます。

仕事内容はもちろん、どのような社員が働いているか、職場の雰囲気はどうか、人間関係はどうなのか、このようなをことを事前に把握する事ができれば求人にエントリーする時点、もしくは入社する前に自分に合った企業なのか、安心して働き続けることができる企業なのかを見極める事ができます。

この企業研究をするか、しないかでも就職の成功確率は大幅に変わってくるので必ず企業研究を行なってその企業が自分に合った企業なのか、安心して働き続ける事ができる企業なのかを見極めてから求人にエントリーするかを判断してほしいと思います。