高卒・既卒 20代の就職・転職サイト

既卒2年目、3年目の就職


現在、既卒2年目、3年目から就職を目指しているという方もいる事でしょう。既卒2年目、3年目となってしまうと履歴書に空白の時間ができ、この空白時間が長ければ長いほど、就職は不利になってしまう傾向があります。しかし、現在、既卒を積極的に募集・採用している企業は増えていますし、20代という若い世代を募集・採用している企業も増えてきているので既卒2年目、3年目からでも就職を行う事は十分に可能です。

既卒2年目、3年目から有利に就職を決めるのは!?

既卒2年目、3年目からの就職はどんなことがポイントになる?

現在、既卒2年目、3年目から就職を目指しているという方もいる事でしょう。

既卒2年目、3年目となってしまうと履歴書に空白の時間ができ、この空白時間が長ければ長いほど、就職は不利になってしまう傾向があります。

それに面接時に面接官からこの空白時間になにをやっていたのか高い確率で突っ込まれることでしょう。

こういった事もあり、

『既卒2年目だから就職できない・・・』
『既卒3年目だから就職できない・・・』
『学校を卒業してからの空白時間が長いから就職できない・・・』

このような不安を抱えながら就活を行なっていませんか?

でも安心してください。

現在、既卒を積極的に募集・採用している企業は増えていますし、20代という若い世代を募集・採用している企業も増えてきているので既卒2年目、3年目からでも就職を行う事は十分に可能です。

また、今では既卒の就職をサポートしてくれる就職サイトも数多く誕生しています。サポート体制が万全な就職サイトですと専任の就職アドバイザーが付き、就職が決まるまでしっかり就職サポートをしてくれるので就職の心強い味方になってくれます。

就職サイトを味方に付ける事も既卒の就職成功のポイントになってくるので既卒から就職を目指している方はこうしたことも頭に入れておきましょう。

そして、就職でポイントになる事もしっかり頭に入れておきましょう。そうすることで既卒2年目、3年目でも有利に就職を決める事ができますよ。

既卒2年目、3年目は就職サイトを利用する事は必須!

上記でご紹介したように既卒2年目、3年目の就職は学校を卒業してからの期間が長い、空白時間があるなど採用に不利になることが多々あります。

この不利な状況を有利にしてくれるのが就職サイト。

先ほどもの述べましたが、既卒の就職は就職サイトをフル活用することが必須です。

就職サイトから手厚いサポートを受ける事ができれば不利な状況を覆す事ができ、就職の成功確率はアップします。

就職サイトで受けられる主なサポートは、

・キャリアカウンセリング
・求人の紹介
・履歴書の添削
・面接対策
・面接、入社日時の日程調整
・就職に関する悩みや不安の相談
・就業後のアフターフォロー

実にこれだけのサポートがあり、既卒から就職を目指している方にとってはどれも魅力的なものになると思います。特に履歴書の添削と面接対策は魅力的になるのではないでしょうか。

就職サイトのサポートを受けることで採用に有利な志望動機を作成する事ができますし、面接の受け答えもしっかり準備する事ができ、万全な状態で面接に挑む事ができるでしょう。

学校を卒業してからなにをしていたのか?空白時間になにをしていたのか?という厄介な質問にも的確に答える事ができ、採用をもらえる可能性を高くする事ができます。

就職サイトを味方に付けて就活を行なう、自分一人で就活を行う。もちろん、前者の方が断然、有利に就活を進めていく事ができるので現在、既卒2年目、3年目から就職を目指している方には是非、就職サイトを味方に付けて有利に就職を決めてもらいたいと思います。

既卒2年目、3年目におすすめの就職サイトはココ!

現在、既卒2年目、3年目から就職を目指している方におすすめの就職サイトとしてご紹介したいのが、

この4つの就職サイト。

いずれもサポート体制が万全な就職サイトになり、多くの就職成功実績がある就職サイトです。

上記でご紹介したサポートを専任の就職アドバイザーから受ける事ができるので就職の心強い味方になってくれる事は間違いありません。

見る事ができる求人、紹介をしてもらえる求人は未経験求人や学歴・経歴不問の求人が中心ですし、ポテンシャルを重視して人選を行なっている企業の求人も見つける事ができます。

DYM就職、就職Shop、ジェイックでは書類選考なしで面接を受ける事もできるので既卒から就職も有利に就活を行なっていく事ができ、就職の成功確率も大幅にアップします。

これらの就職サイトの登録・利用には一切、お金がかからないので利用して損をする事はなにひとつありません。むしろ、利用するメリットが数多くあるので就職サイトを利用する価値は十分にあるので是非、これらの就職サイトをフル活用して有利に就職を決めてもらいたいと思います。